本当の看護とは何かを
追求するステーションです

訪問看護 オアシスでは 〜自分らしい生活の手助けを〜 を目指し
患者様それぞれにアレンジしたサービスを行っております。

訪問看護のメリットとデメリット

「訪問看護は初めてで不安・・・」「病院より福利厚生はどうなのか・・・」 「夜勤はあるの?」「時間の調整は可能?」このページにて、そんな不安を少しでも払拭してください。

病院勤務とは違うところはもちろんあります。メリットもありますし、デメリットもあります。どちらも把握して頂いた上で、興味を持ってご応募頂けますと幸いです。

メリットは?

①夜勤がないのに高収入が可能

訪問看護の場合、基本的には夜勤はありません。夜勤はありませんが、給与水準は夜勤ありの病院勤務と同じ程度の水準となっております。

②業績連動しないため、安定収入が可能

病院勤務と違い、業績と収入が連動しないため、収入の増減がありません。そのため安定的な収入が得られ、今後の生活も安定します。

③一人の患者様と深く関われる

訪問看護は一人で患者様のもとへお伺いします。そのため、より深いコミュニケーションをとることが可能です。病気以外にもいろんなお話が出来るので、病院勤務よりも患者様と向き合うことが可能です。

 
    

では、デメリットは?

①一人一人の業務内容がハード

訪問看護では、病院ほど人数も多くなく役割分担がはっきりと出来ていません。その為、様々な業務を行う必要がある為、業務内容がハードです。

②個人プレーが多い

一人で患者様宅へ向かいますので、その場で自分自身での判断、対応が求められます。先輩や上司にすぐに判断を仰いだり出来ない為、相当のスキルや経験が求められます。

③シフト制のため土日祝日も勤務がある

シフト制のため、また患者様への手厚いサポートを行うため、土日祝日も交代で勤務があります。ですが、訪問看護オアシスなら、事前の申請で休みを調整することもできます。